塾長・講師の熱血ブログ

投稿者:okayasu

重要な事項における因果関係の有無

今回ブログを担当するokayasuです。

 

先日、見たくて見たくてたまらなかった

『ボヘミアン・ラプソディ』をようやく見てきました。

伝説のバンドQWEENのドキュメンタリー映画です。

 

さあ、宣伝も終わり

いざ本編スタート!

胸の高まりが抑えきれません!

 

 

なぜ、アラームが鳴る?

なぜ、アラームが鳴る?

なぜ、アラームが鳴る?

 

 

頭の中は混乱状態。

そういえば、開始直後から・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YES、寝ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本編のアラーム音で

私も主人公と同じタイミングで

目覚めたというわけです。

残念です・・・(おそらく数十分間)

 

私にとって

映画館は寝に行くところではありません。

前日に寝不足で映画に行ったわけではありません。

むしろ、ベストコンディションに近かったはず。

なのになぜ?

 

私が到達した結論は、

 

『楽しみなこと』

『居眠り』には

『因果関係はない!』

 

とても大切なことが分かった休日でした。

 

 

 

投稿者:

英単語の補足(曜日の秘密)

みなさん、おはこんばんにちは。

英語のブログ担当のiharaです。

今日は英語の曜日についてお話します。

 

今から数十年前のある日、まだ中学生だった頃の

勉強家であったIharaボーイは、ふとあることに気づきました。

 

Sunday(日曜日)のSunって太陽のことじゃね!?

そしてMonday(月曜日)のMonってmoon(月)じゃね?!」

 

そうです。中学生にしてIharaボーイは核心をついていたのです。さすが。

ただ、そのときは「そうなのかな」ぐらいでそれ以上考えませんでした(笑)。

実は、Sundayの由来はsunで、Mondayの由来はmoonで正解だったのです。

 

そして、それ以外の月名にも由来があるのです。ほとんど神様の名前だけど。。。

例えば、Wednesday(水曜日)は、北欧神話の主神オーディンが由来です。

Woden’s day「オーディンの日」という感じです。

そして、そのオーディンの3番目の息子がTyr「チュール」という名前で、

Tyresday「チュールの日」 → Tuesday(火曜日)となるのです。まさか親子とは…(笑)

やはり英語はおもしろい!!

 

おっと、今週はこれくらいにして、

ThursdayからSaturdayは、また来週お話ししましょう。

投稿者:magono

定期テスト

今回、ブログを担当するmagonoです。

 

週明けなので、今日からテストの返却が始まるかと思います。

 

『前より点数が上がった!!』

 

『ちょっとサボっちゃったかな・・次回は頑張ろう!』

 

などと一喜一憂するのは良いのですが、

 

きちんとやり直しをやっていますか?テストの受けっぱなしになっていませんか?

 

実は定期テストというのは、ただのテストではなく、

 

単元ごとに重要な問題がギュッとつまった絶好の復習教材です。

 

やり直しを絶対にやりましょう!

 

勉強0はやり直し・復習が1番大切だと私は思います。

 

最初から全て解けるなら勉強なんて必要ありません。

 

間違えた問題に対して、理解し、自力に解けるようになり、忘れないようにするまで

 

演習を繰り返すのが、学力アップにつながるんです。

 

さて、学力アップといえば、冬期講習です♪

 

オープンスクールとして、学進では各校定員まで無料になります。

 

適正指導の良質指導の学進の冬期講習に参加して、確実な学力アップを達成しましょう♪

投稿者:kawai

おもしろ解答

本日ブログ担当のkawai です

 

あるあるのお話ですが、

授業での生徒からのおもしろ解答シリーズです。

 

このシリーズが続くのかは未定ですが・・・(笑)

 

 

中3理科「天体」

 

「夜の北の空に見えて、見かけ上ほとんど動かない星は何ですか?」

 

生徒「・・・何やったっけ・・・」

先生「この前言ったよな、ちょっと遠いヒントやけど」

「おいしいオムライスで有名な・・・」

 

生徒「えっと・・・」

 

 

生徒「・・・ポム?(ポムの樹さん)・・」

 

先生「(笑) ポム星・・・ではないと思うなあ」

※(正解は「北極星」)

 

ことばでは伝わりにくいのですが、

 

教室では一瞬何が起こったのか分からない空気のあと

大笑い となりました。

 

 

投稿者:sato

最近の出来事

みなさま!最近ますます寒くなっておりますが体調はいかがでしょうか?(;_;)

 

私は休日は猫様と一緒に冬眠状態でございますし、ジムもいけなかった??状態です。

 

インストラクターの方は厳しくしてもらって、、、

 

satoさーん筋肉せっかくできたのにまた脂肪に戻っていいんですか~?と言われながらも頑張っております!

 

 

目指せ!筋肉マンです笑

 

 

さて現在期末テスト真っ最中でみんな一人一人がテストに向き合って頑張っています。

 

テスト結果はまだ出てない学校もありますが、学進の生徒からホンマにとれんかったー!失敗したー!!などの声もチラホラ聞こえてきますが、、

 

私自身、失敗という言葉を使うときは、最初から何にもやらない、挑戦しなかった事だと思っています。

 

そして時間は残念ながらお金では買うことができない大切な大切な瞬間です。

人生は一度きりです!!

 

後悔のないように一緒に次のステップを踏んでいきましょうね!!(^^)!

投稿者:yanaka

頑張っている証拠

皆さんのテストの具合が気になっている yanaka です。

 

八尾校では、

テスト期間中です!

良い雰囲気です!

今年はテストを重ねるごとに自習に来る子が増加…!

自習している時間も増加…!

本日、大量にあった計算用紙が底をつきました。

よく頑張っている証拠ですね!

くれぐれも体調に気を付けて頑張ってくださいね!!

投稿者:okayasu

オープンスクール受付中!

 

オープンスクール

 のお知らせです!

               ※写真は阿倍野校です。

            

 

各教室で定員を設けております。

参加希望のかたは、

お早めにお申し込みくださいませ。

 

『学進ブログを見た』

とおっしゃった受講希望のかたは、

受講料無料でご参加いただけます。

 

ご参加、心よりお待ちしております。

 

投稿者:okayasu

成功へのステップ③

こんにちは。今回ブログを担当するokayasuです。

先日あるweb記事で『挑戦することの大切さ』に深く感銘を受けました。

新たなことに挑戦することは、人を成長させることには不可欠だと思います。

 

ただ、このweb記事は一味違っていました。

『新たなことに挑戦する=失敗のリスクを背負う』

失敗からのリカバリーが人を大きく成長させてくれるそうです。

 

史上最高のゴルファーと称されているジャック・ニクラウスも

『どんなプロゴルファーでも、ミスショットは避けられない。

ただ、そのリカバリを極めることで、この地位を築いた』

と言っています。

 

成功へのステップ③

いろいろ挑戦して、

どんどん失敗しよう!

※ただし、リカバリーを忘れずに

 

 

これまで紹介した成功へのステップをまとめます。

スピーディーに

前向きな気持ちで挑戦しよう!

失敗してもリカバリすれば大成長!

 

君たちの未来の大成功を心から期待しています!

 

次回新章スタート。期待していてください!

 

投稿者:taguchi

誕生日!

 

花園校&小阪校のtaguchiです。

 

私事ですが、11月21日が誕生日でした。

子どもたちから、お菓子やアイスなどのプレゼントをいただいたのですが、プレゼントの中に、僕の髪がうすいことを気にかけてくれたのか、ワカメやもずくなどのプレゼントもありました。

ですが、1つだけ意味の分からないプレゼントが…それはブリーチ(髪の色を抜くやつ)です。髪の毛が傷むやんけ!抜けるやんけ!まあちょっと試したいかなとは思っています。笑

そして土曜日の授業後に、いきなり教室の電気が消えて、あっ、と思ったときにはすでに遅く…サプライズの誕生日ケーキでした。

中2生と先生が計画したものでした。

授業後に帰らない生徒がいたときに気づくべきでした。ケーキやジュース、クラッカーが隠されていたのにも気がつかなくて、自分の鈍感さを痛感しました。

中2と中3のみなさん、当日帰る時間が遅くなってごめんなさい!

そして、ありがとう!

 

このお礼は、

①補習

②テストの点数&結果

③クリスマスプレゼント

でお返しします!

早速本日、中2生の数学の補習をします。定期テスト対策の数学プレテストで99点の生徒もいましたが、合格点を90点から満点にしましたので、全員が補習になってしまいました。

がんばってね。

投稿者:tanaka

ひみこのしかく

「ひみこのどれがしかく?」

 

先日、ある中1の生徒さんから飛んできた質問です。

なぞなぞかと思いました。

皆さん、答えは何かわかりますか?

 

 

「たぶん、“ひ”」

 

私が答えると、

「OK~」と、その子は解答用紙に「卑」と書き出しました。

 

「ひみこ」を漢字で書くとき、

「卑」の字は使うのは知っているが、いかんせん読み方は分からないので、

先のような聞き方になったのでしょう。「卑」=四角だったというわけです。

 

それにしても、四角って…

なかなかのキラーパスです。お前は中田英寿か。

 

この仕事をしていると、いろいろな生徒さんからいろいろな質問を受けます。

「何を言っているのだろう…?」となることもまだまだありますが、

生徒さんの言いたいことが、なんとなく分かるようになってきました。

これは経験です。

 

 

ああ、そうそう。

どうせ、卑弥「呼」を間違って卑弥「子」と書くんでしょう?

定番の間違えパターンですよ。間違いは修正してやります。

 

「あー、ほんでな。卑弥呼の『こ』って『呼ぶ』やから。

みんな間違って子供のこに…」、と私がイキって語りだすと、

「それは大丈夫っす」、と一刀両断されました。

 

そこは書けるんですねぇ…。

まだまだです。

カテゴリー

近くの校舎を探す

大阪市

東大阪市

八尾市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村